※有料予想メルマガの趣旨・案内はこちらから

2009年11月12日

エリザベス女王杯の出走馬確定

 15日(日)に京都競馬場で行われる第34回エリザベス女王杯(3歳

上牝、GI・芝2200m)の出走馬18頭が12日、JRAより発表された。


 枠順は13日(金)午前に発表され、馬券は14日(土)より発売され

ます。



( )内は性齢、騎手・厩舎

ウェディングフジコ(牝5、菊沢隆徳・戸田博文)

カワカミプリンセス(牝6、横山典弘・西浦勝一)

クィーンスプマンテ(牝5、田中博康・小島茂之)

サンレイジャスパー(牝7、難波剛健・高橋成忠)

ジェルミナル(牝3、福永祐一・藤原英昭)

シャラナヤ(牝3、C.ルメール・M.デルザングル)

チェレブリタ(牝4、岩田康誠・荒川義之)

テイエムプリキュア(牝6、熊沢重文・五十嵐忠男)

ニシノブルームーン(牝5、北村宏司・鈴木伸尋)

ピエナビーナス(牝5、古川吉洋・南井克巳)

ブエナビスタ(牝3、安藤勝己・松田博資)

ブラボーデイジー(牝4、生野賢一・音無秀孝)

ブロードストリート(牝3、藤田伸二・藤原英昭)

ミクロコスモス(牝3、武豊・角居勝彦)

ムードインディゴ(牝4、田中勝春・友道康夫)

メイショウベルーガ(牝4、池添謙一・池添兼雄)

リトルアマポーラ(牝4、C.スミヨン・長浜博之)

レインダンス(牝5、藤岡康太・宮徹)



 3歳勢が優勢なこのレース。古馬との2キロの斤量差が大きい

のがひとつに要因で、牝馬には大きなアドバンテージ。成長が

牡馬より比較的早いのでなおさらこの斤量差は大きいです。



 そして今回の中心は、ブエナビスタ。



 果たしてオッズはどこまで上がるのか?復帰してから2戦連続

2着をどう評価しているのか?注目です。


 ただ前走よりも走りやすいのは確実。しかしちょっと気になる

ところもありますが‥


 そしてウオッカ世代の5歳勢と3歳世代の狭間の4歳勢。牡馬同様

弱小世代ですが、ここでも掲示板が精一杯か?




 予想はこれからですが、ある程度もう絞れています。






posted by 副業馬券コンサルタント mitsutomi at 16:04 | Comment(0) | 4 競馬関連情報・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする