※有料予想メルマガの趣旨・案内はこちらから

2009年11月14日

過去配信予想(京都10R 比叡ステークス他)

 本日配信していた予想です。

 今回は2レース中1レース的中。


 メルマガ予想していませんが、京王杯2歳ステークス(G2)
も的中(エイシンアポロンの単・複勝)。
予想結果はこちらです





 好調でしたので、明日もその調子で行きたいものです 。



■予想内容■


京都10R 比叡ステークス
━━━━━━━━━━━━

 このレースの特徴は前走で同じだった馬が12頭中半数もいると

いうこと(古都S)。



 こういった同じメンバー構成は滞在競馬の夏競馬に多いケース

です。



 今回の場合は準オープンというレース数が少ないことが影響し

ているでしょう。



 だからどうしても的距離ではなくても、使わざるを得ない。

 そうしないと馬が太くなったり、目標のレースまで仕上がらな

くなる。



 こういったメンバー構成の場合は、勝負付けが済んでいること

が多く上位と他のレース組みに絞り検討するとよいでしょう。




 それと前走で休養明けなど体調が万全ではない馬なども、チェ

ックが必要。




 そうなると本命は1メトロシュタイン。

 ほぼ2400mという距離を使われ、たたき2戦目で前進。福永騎手

もこのパターンで好走することが多い。


●買い目
 1の単・複


 結果5着。



----------------------------------------------



東京12R 3歳以上 3歳以上1600万円以下
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 メンバー構成を見ると、2頭出しで尾形厩舎の2シルクプラチ

ナム、9ケイアイスイジン。



 そして馬主のシルクの2頭出し2シルクプラチナム、13シル

クアルボーレ。

 
 最終レースで2頭出しや関西馬が関東遠征で勝負を賭けるケー

スがあります。



 特に大馬主(アドマイヤ、アグネスなど)が多いです。

 手薄なメンバー構成を見計らって勝負を賭けてくるのです。




 まずは13シルクアルボーレ。


 この馬は藤原英厩舎。騎手は非主戦騎手の池添騎手。



 この厩舎で主戦といえば藤田騎手や岩田騎手が有名ですが、こ

の池添騎手も先の2騎手よりは数は少ないのですが、連対は悪くあ

りません。



 しかもここはシルクの2頭出しで東京(関東)。この馬主も2頭

出しが多く最近はあまり確率は上がってはいない。



 そこでここは尾形厩舎の9ケイアイスイジン。



 たたき2戦目のこの馬は、前走休養明けで距離も長い。それブラ

インドになりそう。


 そして騎手は北村騎手。ダートでは「追える」騎手として関東で

は上位の騎手。



 条件が好転した今回は狙い目で、2頭出しからも勝負気配が伺え

る。


●買い目
 9の単・複


●結果
 1着で
単勝〜390円

複勝〜160円




※メルマガ登録はこちらから
 メルマガ登録画面へ




「PR」 騎手から見た馬券予想〜勝負気配予測で買える馬券・買えない馬券
3:7といわれる騎手と馬の比率。しかし馬を走らせるのは騎手。そして勝負
   気配を探るなら1流騎手に頼むのは筋。そこに勝負気配から読む馬券の取
   得が隠れているのです。






 
posted by 副業馬券コンサルタント mitsutomi at 17:18 | Comment(0) | 3 レース予想・展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。