※有料予想メルマガの趣旨・案内はこちらから

2018年05月05日

京都新聞杯の展望





 
 過去5年で2頭の連対馬を輩出している京都新聞杯ですが、今年の

皐月賞の波乱から、ダービーではマークが必要か?


 過去5年の傾向を見ると、トライアルレース惨敗組、2000m以上の

距離での500万クラス好走馬という傾向ですが、出走してくる馬の大半

がそのパターン。人気薄も毎年のように馬券に絡んでくるだけに、その

見極めが出来るかどうかがポイントに。




※続きはこちらから





























posted by 副業馬券コンサルタント mitsutomi at 08:10 | Comment(0) | 3 レース予想・展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。