※有料予想メルマガの趣旨・案内はこちらから

2016年01月17日

京成杯の展望

 皐月賞と同じ中山芝2000mながらクラシックとは縁がなくなってい

るのは、1月という開催時期でクラシックまでのローテーションの組

みづらさと、寒い時期での仕上げの難しさがあるからでしょう。

 よってこのレースでは、現時点での完成度が高い早熟な馬や、出走

数が多いなど早期資金回収を目的としているような馬の好走が目立ち

ます。マイネル・ラフィアン系の好走が目立つのはそのせいか。

 今年もマイネル軍団から8マイネルラフレシアが出走。新馬を勝っ

てアイビーS1着、東スポ杯2歳Sはスマートオーディンの末脚に屈し

たものの3着を確保と好位から競馬ができる完成度の高い走りを見せ

ています。ここもメンバーを見ればハナを切れそうで重賞で走った

経験が活きるか?


※続きはこちらから







posted by 副業馬券コンサルタント mitsutomi at 09:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 3 レース予想・展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/432658139
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。