※有料予想メルマガの趣旨・案内はこちらから

2016年02月21日

フェブラリーステークスの展望

年明け初戦のG1レースも、チャンピオンズカップから約3ヶ月ほど

と期間が短いため、それほど勢力図が変わらないものの、同じ左回り

のチャンピオンズカップと、それほど直結しない傾向になりつつあり

ます。

 今年は昨年のチャンピオンズカップ1サンビスタ(引退)他、3着

サウンドトゥルー、5着ホッコータルマエが出走せずとなれば、人気

は2着7ノンコノユメ、3連覇がかかる3コパノリッキーなどが中心

になりそうです。




※続きはこちらから








posted by 副業馬券コンサルタント mitsutomi at 09:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 3 レース予想・展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月14日

京都記念の展望

 G1級の馬が1番人気でことごとく負けているわけですが、完調に遠

かったり、距離や騎手のミスなどが敗因に挙げられますが、今年出走

のG1馬は10ワンアンドオンリーのみ。定年を迎える橋口厩舎だけに仕

上げには抜かりないはずで、前2走はG1でともに0.5秒差以内と好走し

ており、ここでは当然実績上位。

 この10ワンアンドオンリーと同じように相性のいい有馬記念組は他に

2頭出走。



※続きはこちらから




posted by 副業馬券コンサルタント mitsutomi at 08:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 3 レース予想・展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月07日

東京新聞杯の展望

これほどコース適性が優勢な重賞もないと言える東京新聞杯。という

のも過去5年の勝ち馬すべて東京マイルで勝ちがある馬ばかりで、連対

した馬も人気問わず実績ありで、その分リピーターも多いのが特徴。

 よって予想はまず東京マイル実績から馬を取得していくべきでしょう。

今年の出走馬で東京マイルで勝ち鞍があるのは5頭。勝ち鞍はありませ

んが14年2着の実績がある3エキストラエンドも加えると6頭ほどで

傾向からこの中から勝ち馬が出るということになりますが。。

 また、今年の出走馬は、東京マイル適性の逆でマイルや長い直線では

厳しい馬、重賞では物足りない馬など、ある程度馬を選別することがで

できそうです。


※続きはこちらから








posted by 副業馬券コンサルタント mitsutomi at 08:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 3 レース予想・展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。