※有料予想メルマガの趣旨・案内はこちらから

2020年10月26日

アーモンドアイの連覇なるか?天皇賞秋の見どころ








 11月1日東京11R

 
 注目は何といっても連覇、そしてG1史上最多となる8勝目が

掛かるアーモンドアイでしょう。3歳勢の参戦がなく勢力図に

替わりがなさそうなら連覇は近いか?


 確勝を期していた前走安田記念は、断然の支持を受けるもグラ

ンアレグリアに屈し2着惨敗。負けているケースではローテの間

隔が短い時が多いだけに昨年と同じく休み明けのぶっつけは気性

面で考えればいいでしょう。昨年圧勝した舞台で金字塔を立てる

ことができるか?鞍上は菊花賞での好騎乗が光ったルメール騎手。



 宝塚記念を6馬身つけて圧勝したクロノジェネシス。改めて道悪

適性の高さと力をつけているのを見せた走り。近走は右回りばかり

だけに久々の左回りを上手くこなせば、初対決となるアーモンドア

イの最大のライバルになるか、


 天皇賞春を連覇しているフィエールマン。出走予定だったオール

カマーを発熱で介しただけに体調面が気になるところ。また距離も

短縮でスピードに対応できるか。


 重賞3勝もG1ではあと一歩届かないダノンキングリーは、距離は

若干長いも末脚が生きる展開となれば浮上。


 宝塚記念連続2着で前走京都大賞典も2着と復調気配も勝ち切れない

キセキ。今回は再び武豊騎手騎乗となりますが、多少馬場が渋った方が

良いか?


 昨年2着のダノンプレミアム、一昨年の有馬記念覇者ブラストワンピ

ースも虎視眈々。









































posted by 副業馬券コンサルタント mitsutomi at 17:04 | Comment(0) | 3 レース予想・展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月22日

コントレイル2枠3番は吉なのか凶なのか?









菊花賞の枠順決定 コントレイルは2枠3番から無敗の3冠目指す 矢作師「内枠有利というのは間違いない」






1-1 ディアマンミノル(牡3、幸英明・本田優)
1-2 ガロアクリーク(牡3、川田将雅・上原博之)

2-3 コントレイル(牡3、福永祐一・矢作芳人)
2-4 マンオブスピリット(牡3、M.デムーロ・斉藤崇史)

3-5 サトノインプレッサ(牡3、坂井瑠星・矢作芳人)
3-6 ヴェルトライゼンデ(牡3、池添謙一・池江泰寿)

4-7 ダノングロワール(牡3、北村友一・国枝栄)
4-8 ディープボンド(牡3、和田竜二・大久保龍志)

5-9 アリストテレス(牡3、C.ルメール・音無秀孝)
5-10 サトノフラッグ(牡3、戸崎圭太・国枝栄)

6-11 バビット(牡3、内田博幸・浜田多実雄)
6-12 レクセランス(牡3、松山弘平・池添学)

7-13 ロバートソンキー(牡3、伊藤工真・林徹)
7-14 ヴァルコス(牡3、三浦皇成・友道康夫)
7-15 ブラックホール(牡3、藤岡佑介・相沢郁)

8-16 ターキッシュパレス(牡3、富田暁・昆貢)
8-17 キメラヴェリテ(牡3、松若風馬・中竹和也)
8-18 ビターエンダー(牡3、津村明秀・相沢郁)



 コントレイル他人気が予想される馬が内枠に。

 これはコントレイルにとって吉とは意外に出ない可能性も?


 今週から復帰する武豊騎手が残念ながら除外。

 福永騎手が万が一乗れずに武豊騎手が騎乗というケースもなくはない?

















posted by 副業馬券コンサルタント mitsutomi at 18:24 | Comment(0) | 4 競馬関連情報・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月19日

3歳勢が中心か?富士ステークスの展望











10月24日(土) 東京11R


 NHKマイルカップを制したラウダシオンが始動。弱小世代と

言われているだけに力があるところを見せたいところ。

 NHKマイルカップで2番手から逃げるレシステンシアを競り

落とし重賞初勝利がG1制覇となったラウダシオン。


 これまで7戦して3着以下となったのは朝日杯FS7着のみ

という堅実さで調教も2戦2勝と得意で、鞍上は前走と同じ

M.デムーロ騎手。

 
 桜花賞3着で前走京成杯OHでハナ差2着などマイル戦線で

好走続ける3歳牝馬スマイルカナ。距離が長かったオークス

こそ16着惨敗もマイルでは堅実でタフさが目立つ牝馬。ここ

は東京マイルがポイントも軽量を活かせば。


 同じく3歳馬でNHKマイル4着、朝日杯FS2着のタイセイ

ビジョンもNHKマイルカップ以来の出走。この馬も堅実で東

京も得意。


 古馬勢では札幌記念で2着のペルシアンナイトがG1馬の意地

を見せたいところ。

 関屋記念で重賞2勝目を挙げたサトノアーサーや一昨年のNH

KマイルC勝ち馬ケイアイノーテック、マイラーズCで3着のヴァ

ンドギャルド上位争いの圏内でしょう。






《公式》極ウマ・プレミアム

日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト

東西メーンレースのパドック速報を掲載中





























posted by 副業馬券コンサルタント mitsutomi at 17:38 | Comment(0) | 3 レース予想・展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする